UNEMPLOYED ECONOMICS

失業中で暇な人が経済学を学んでいくブログです。

日本は20年以上デフレが続いている・・・って、本気で言ってるの!?

ネット上では、「日本は20年以上デフレが続いている!」という主張がしばしば見られます。

長期間にわたってデフレが続いているので、「デフレ脱却のために、日本銀行の金融緩和や政府の財政出動が必要だ!」というわけですね。

 

デフレというのは「デフレーション(deflation)」の略で、持続的に物価が下落していく経済現象のことです。

国際決済銀行(Bank for International Settlements:BIS)や国際通貨基金International Monetary FundIMF)では、デフレを「少なくとも2年間の継続的な物価下落」と定義しています。

しかし、日本の内閣府では、デフレを「持続的な物価下落」と定義しており、2年を待たずにデフレと判断することもあるので、とりあえずは「持続的に物価が下落すること」をデフレと考えておけば良いかと思います。

 

・・・というわけで、総務省統計局ホームページで消費者物価指数(Consumer Price Index:CPI)の上昇率(前年比)を調べてみました。

 

f:id:unemployed-economics:20210309173838p:plain

出典:総務省統計局「消費者物価指数(CPI)

 

総務省統計局ホームページには1970年からのデータが掲載されていますが、今回は1996~2020年のグラフを作成してみました。

CPIから生鮮食品を除いたものを「コアCPI」、酒類以外の食料とエネルギーを除いたものを「コアコアCPI」と呼びます。

政府や日銀では、基本的にコアCPIを判断基準にしているようですが、近年ではコアコアCPIも重視されるようになっています。

1997・2014・2019・2020年の消費者物価上昇率には、消費税引き上げの影響が含まれていますのでご注意ください。

 

1999年のCPI上昇率が前年比-0.3%、コアCPIが0%、コアコアCPIが-0.1%となっており、以降はマイナスの年が多く続いていることから、1998年くらいから日本経済はデフレに突入したと考えればよさそうです。

問題は今でもデフレが続いているかどうかなのですが、2013年のCPI上昇率が前年比0.4%、コアCPIが0.4%、コアコアCPIが-0.2%となっており、以降はプラスの年が多く続いていることから、2013年くらいに日本経済はデフレではなくなった *1 と考えればよさそうです。

日本経済がデフレに苦しんだのは15年間くらいで、もう8年くらい前にすでにデフレではなくなっているのですね(苦笑)

 

では、すでにデフレではなくなっているにもかかわらず、なぜ「日本は20年以上デフレが続いている!」などという主張をしているのでしょうか?

もちろん、単純に事実を知らないという可能性もありますが、一つ考えられるのは、デフレという用語を「物価の下落」という意味で使っていないということです。

日本の内閣府(旧経済企画庁)では、2001年までデフレを「物価下落を伴った景気の低迷」と定義していました。

この20年前まで使われていた定義から転じて、「景気の低迷=デフレ」という誤用をしている人が多いものと思われます。

もちろん、「日本は20年以上景気の低迷が続いている」という事実もありませんので、どちらにしろ間違った主張であることに変わりはありません。

 

デフレの定義にしろ、消費者物価上昇率にしろ、ちょっと調べればすぐにわかることでしょう。

そのような最低限の事実確認すらせずに、「日本は20年以上デフレが続いているので、日銀の金融緩和や政府の財政出動が必要だ!」といった主張を繰り返しても、説得力がまったくないことは言うまでもありません。

むしろ、デフレではなくなっても日本経済の低成長は続いているわけですから、「日本経済の停滞はデフレが原因であり、人為的にインフレを起こすことで復活させることができる!」という考えが間違いであったのだろうと考えることができます。

 

ネット上では、様々な人が様々な経済論議を繰り広げています。

事実を基にきちんとした議論をしている人もいますが、そうではない人が多いことも残念ながら確かです。

ネット上の怪しげな経済論に騙されないよう、正しい事実認識から始めることが大切ですね。

 

経済学を学ぶ目的は、経済問題に対する出来合いの対処法を得るためではなく、そのようなものを受け売りして経済を語る者にだまされないようにするためである。

(ジョーン・ロビンソン(Joan Violet Robinson, 1903-1983))

*1:ただし、政府は「デフレ脱却4指標」を基に、「現状はデフレではないが、デフレ脱却していない」と判断しています。