UNEMPLOYED ECONOMICS

失業中で暇な人が経済学を学んでいくブログです。

『マンキュー経済学Ⅱ マクロ編(第3版)』第Ⅴ部読了

ちょっと間が空いてしまいましたが、『マンキュー経済学Ⅱ マクロ編(第3版)』(N・グレゴリー・マンキュー著、東洋経済新報社)の第Ⅴ部「開放経済のマクロ経済学」を読み終わったので、内容を軽くまとめておきたいと思います。

 

 

これまでは、モデルを単純化するために外国経済との相互作用がない「閉鎖経済(closed economy)」を仮定していましたが、第Ⅴ部では外国経済との相互作用が働く「開放経済(open economy)」で考えることとなります。

 

まず、「国民貯蓄(national saving:S)」「国内投資(investment:I)」「純資本流出(net capital outflow:NCO)」について・・・

 

S=I+NCO

 

・・・という恒等式が成り立っているので、貸付資金市場において、貸付資金の供給は国民貯蓄(S)から、貸付資金の需要は国内投資(I)と純資本流出(NCO)から生じることになります。

そして、実質利子率により、貸付資金の需要と供給が均衡するように調整されます。

次に、純資本流出と「純輸出(net exports:NX)」について・・・

 

NCO=NX

 

・・・という恒等式が成り立っているので、外国為替市場において、通貨の供給は純資本流出(NCO)から、通貨の需要は純輸出(NX)から生じることになります。

そして、実質為替相場により、通貨の需要と供給が均衡するように調整されます。

この二つの市場を結び付けているのが、純資本流出曲線ということになります。

 

・・・と説明しても、いまいちピンときませんね(汗)

正直言うと、私もこのモデルはいまいちよく理解できません(大汗)

 

このモデルによると、政府の財政赤字は国民貯蓄を減少させるため、貸付資金市場における貸付資金の供給が減少することになります。

その結果として実質利子率が上昇し、国内投資に対してクラウディング・アウトが発生します。

実質利子率の上昇は、さらに純資本流出を減少させて、外国為替市場における通貨の供給が減少することになります。

その結果として実質為替相場が増価し、貿易収支が悪化します。

このようなことが起きたのが1980年代のアメリカで、ロナルド・レーガン大統領の大幅な減税により巨額の財政赤字貿易赤字が発生し、「双子の赤字」と呼ばれました。

 

このように説明されると、なんだか正しいような気もするのですが・・・。

どうしても私には、「貸付資金市場において、需要と供給のバランスによって利子率が決まり、利子率によって需要と供給が均衡するように調整される」という考え方がよくわからないんですよねぇ・・・。

貸付資金の供給は市中銀行による信用創造で賄われるので、国民貯蓄は関係無いような気がするのですが?

そして、利子率をコントロールしているのは、中央銀行なのではないでしょうか?

このあたりの疑問は以前にまとめているので、よろしければ併せてご覧ください。

 

unemployed-economics.hatenablog.jp

 

マクロ経済学は、本当によくわからない・・・(滝汗)

私が抱いているような疑問に答えてくれるのが、ポストケインズ派経済学だったり、MMT(Modern Monetary Theory、現代貨幣理論)だったりするのかなぁ???

まずは主流派経済学を学びつつ、非主流派(異端派)経済学も学んでいく必要がありそうですね。

国際経済学についてもまだまだ理解が足りていないので、今後も勉強を続けていきたいと思っています。