UNEMPLOYED ECONOMICS

失業中で暇な人が経済学を学んでいくブログです。

放送大学『現代経済学('19)』第2~3回

録画しておいた放送大学『現代経済学('19)』の第2~3回を視聴しました。

 

第2回で取り上げられたノーベル経済学賞受賞者は、ジョン・ヒックス(John Richard Hicks, 1904-1989)、ケネス・アロー(Kenneth Joseph Arrow, 1921-2017)、ジョン・ナッシュ(John Forbes Nash Jr., 1928-2015)でした。

ヒックスは1939年の『価値と資本(Value and Capital)』などで知られ、「IS-LMモデル」や「流動性の罠」でも有名ですね。

アローは「アローの不可能性定理」、ナッシュは「ナッシュ均衡」にその名を残しています。

天才数学者であるジョン・ナッシュの生涯は、『ビューティフル・マインド(A Beautiful Mind)』という映画にもなっています。

 

第3回で取り上げられたノーベル経済学賞受賞者は、ロバート・ソロー(Robert Merton Solow, 1924-)、ロバート・ルーカス(Robert Emerson Lucas Jr., 1937-)、エドワード・プレスコット(Edward Christian Prescott, 1940-)でした。

ソローは「ソローモデル」と呼ばれる経済成長理論で知られ、経済成長率を資本増加率、人口増加率、技術進歩率の合計と考えました。

技術進歩率は外生的に与えられる変数であるため、このモデルは「外生的成長理論」とも呼ばれます。

ルーカスは「合理的期待形成仮説」と呼ばれる理論を打ち立てて、「ケインズ経済学(Keynesian Economics)」を経済学界から事実上葬り去ってしまいました *1

プレスコットは「リアルビジネスサイクル理論」で知られ、合理的期待を形成する代表的個人や貨幣の中立性を仮定すれば、非自発的失業は存在せず、政府の財政金融政策は無効となると主張しました。

 

ルーカスやプレスコットといった経済学者は、「新しい古典派(new classical economics)」と呼ばれる経済学派に分類されています。

これは「新古典派経済学(neoclassical economics)」の一派で、ケインズ経済学の側も「新ケインズ派(new Keynesian economics)」が対抗しているのですが、いずれにせよ「マクロ経済学のミクロ的基礎付け」を重視して、元々のケインズ経済学とは離れていったようです。

本来のケインズ経済学を受け継いでいるのは、「ポストケインズ派(post-Keynesian economics)」と呼ばれている学派で、最近話題になっているMMT(現代貨幣理論、modern monetary theory)は、ポストケインズ派の経済学者(ポストケインジアン)たちによる理論ですね。

 

・・・まったく、「ニュー」とか「ネオ」とか「ポスト」とか、むちゃくちゃ紛らわしいんですけど(汗)

ざっくり整理すると、新しい古典派などの新古典派経済学と新ケインズ派が「主流派経済学」、ポストケインズ派マルクス経済学が「非主流派経済学」ということになるのでしょうか。

非主流派経済学はほとんど無視されているわけですが、少数派だからと言って必ずしも間違っているということではないので、ポストケインジアンたちの巻き返しも十分にあり得るだろうと思います。

科学において正しいとされてきたことが、あっさりひっくり返ることはしばしば起こるので、教科書に載っていることを妄信せず、いろいろな考え方を学ぶことが重要なのかなと思います。

*1:1980年には「The Death of Keynesian Economics(ケインズ経済学の死)」という文章を発表しています。