UNEMPLOYED ECONOMICS

失業中で暇な人が経済学を学んでいくブログです。

『マンキュー経済学Ⅱ マクロ編(第3版)』第Ⅲ部読了

『マンキュー経済学Ⅱ マクロ編(第3版)』(N・グレゴリー・マンキュー著、東洋経済新報社)の第Ⅲ部「長期の実物経済」を読み終わったので、内容を軽くまとめておきたいと思います。

第7~9章については既にまとめたので、今回は第10章「失業」ですね。

 

 

失業には、「摩擦的失業(frictional unemployment)」と「構造的失業(structural unemployment)」があります。

摩擦的失業は「労働者が自分に適した仕事を見つけるのには時間がかかる」ことによって発生し、構造的失業は「労働供給量が労働需要量を上回る」ことによって発生します。

労働供給量が労働需要量を上回るのは賃金が均衡水準より高くなっているためであり、このような状況が起こる理由として、この教科書では「最低賃金法」「労働組合」「効率賃金」の三つを挙げています。

 

もし、世の中から失業を無くしたいのであれば、失業保険・最低賃金法・労働組合を廃止し、企業が高めの賃金(効率賃金)を支払うことをやめればいいわけですね。

しかし、このような方法が国民を幸せにするでしょうか・・・?

失業保険が無ければ、自分に適さない仕事であっても生活のために就かざるを得なくなるでしょうし、最低賃金法が無ければ、ひどい低賃金で働かされる人が出てくるでしょうし、労働組合が無ければ、労働者は企業と個人で交渉しなければならなくなるでしょう。

企業がより効率的な経営を行うために賃金を高めに維持することは、はたして悪いことなのでしょうか?

賃金が高めに維持されていることは企業の設備投資へのインセンティブを高めて、むしろ経済成長にはプラスに働くように思うのですが・・・。

 

そもそも、「労働市場において、需要と供給のバランスによって賃金が決まり、賃金によって需要と供給が均衡するように調整される」という考え方がちょっとおかしいように思います。

確かに長い目で見ればそうなんでしょうけど、ジョン・メイナード・ケインズJohn Maynard Keynes, 1883-1946)は1923年の『貨幣改革論(A Tract on Monetary Reform)』で次のように言っています。

 

But this long run is a misleading guide to current affairs. In the long run we are all dead. Economists set themselves too easy, too useless a task, if in tempestuous seasons they can only tell us, that when the storm is long past, the ocean is flat again.

(訳:しかし、この「長期」は、現在の問題に対して誤解を与える指針です。「長期的には」、私たちはみんな死んでしまいます。大嵐の時に「嵐が過ぎ去れば、海はまた静まります」としか言えないのであれば、経済学者はあまりにも簡単で無駄な仕事です。)

 

これは「貨幣数量説(quantity theory of money)」についての議論で出てくる文章なのですが、長期均衡を想定する新古典派経済学への強烈な皮肉となっています。

経済学における短期と長期は、ざっくりと「価格が均衡水準に達する前が短期」「価格が均衡水準に達した後が長期」と考えるとわかりやすいのではないかと思います。

株式市場のように価格(=株価)がただちに変動する市場もあれば、労働市場のように価格(=賃金)がなかなか変動しない市場もあります。

価格がなかなか変動しない市場については、価格が均衡水準に達した頃には状況が変化して新たな均衡水準が生まれているはずなので、永遠に均衡価格へ向かって調整中ということになってしまいます。

このような市場については、長期の枠組みで考えるのではなく、短期の枠組みで考えなければならないのではないでしょうか。

 

短期についてはケインズ経済学、長期については新古典派経済学で考えたほうがよいということなのかなと思うのですが、1970年代にケインズ経済学は否定されて、1980年にはロバート・ルーカス(Robert Emerson Lucas Jr., 1937-)が「The Death of Keynesian Economics(ケインズ経済学の死)」という文章を発表しているんですよね。

一方的にどちらかが正しい、どちらかが間違っているという話ではないような気がするので、きちんとケインズ経済学を再生させる必要があるのではないかと思います。

 

※注:2019年3月18日にAmebaブログにて投稿した記事を転載しています。