UNEMPLOYED ECONOMICS

失業中で暇な人が経済学を学んでいくブログです。

自民・麻生太郎衆院議員「日本政府は印刷して返すだけですがな」

さて、しばらくの間「国の借金」について考えてみようということで、今回は自由民主党麻生太郎衆議院議員(現副総理・財務大臣)の講演を見てみることにしましょう。

 


日本の借金を超わかりやすく説明!麻生太郎 J-NSC

 

これは、2010年に麻生さんが「国の借金」について語っている動画です。

 

さすがは政治家、しゃべりがうまい!

ものすごくわかりやすくて、さすがは「俺たちの麻生」って感じですよね!!

 

・・・って、冗談はさておき(笑)、麻生さんの説明はなんだか正しいような気もするのですが、よくよく考えてみるといくつか疑問もわいてきます。

 

【疑問その1】

麻生さんの言うとおりに「国の借金」など何の問題もないのであれば、どうして前年(2009年)に消費税増税を公約にして総選挙を戦ったのでしょうか?

2009年総選挙時の自民党の公約集『政策BANK』を見てみると、「税制抜本改革」という項目に次のように書かれています。

 

消費税を含む税制の抜本的改革について、平成21年度税制改正法附則による道筋に沿って、平成23年度までに必要な法制上の措置を講じ、経済状況の好転後遅滞なく実施する。これにより、堅固で持続可能な「中福祉・中負担」の社会保障制度を構築する。

 

これを読んで、「ああ、自民党は消費税を減税するんだ!」って思う人はいませんよね(汗)

どういうことか詳しく説明すると、平成21年度(2009年度)から基礎年金の国庫負担割合が2分の1に引き上げられることになりました。

必要となる財源は約2.5兆円で、平成21年度と22年度については財政投融資特別会計からの繰入金でしのぐとして、なるべく早くちゃんと税金で財源を確保しましょうということにしました。

その方向性を定めているのが、平成21年度税制改正法附則(「所得税法等の一部を改正する法律」附則第104条のこと)なので、これはどう読んでも「経済状況が好転したら、すぐに消費税を増税しますよ」という話なわけですね。

2009年といえば、リーマン・ショックに端を発した世界金融危機のあおりを受けて、日本経済は大不況の真っただ中、そんな状況で消費税増税を公約に総選挙を戦い、自民党は大敗して政権の座から滑り落ちているわけです。

もし、麻生さんが言うように「国の借金」など何の問題もないのであれば、どうして「消費税は5%に据え置きます!」とか「3%に減税します!」とか「思い切って廃止します!」とかを公約にしなかったんですか?

 

【疑問その2】

「日本政府は印刷して返すだけ」って、いったいどういう意味なんでしょう?

その後に、「だって、日本円なんだから」と続けているところから考えると、やっぱり「日本銀行が紙幣を印刷して返せばいい」という意味なんですかねぇ・・・?

しかし、日銀は政府から独立している存在(日本銀行法に基づく認可法人)ですから、日本政府の借金を日本銀行が返すってどういうことなんだろう???

「日本政府が国債を印刷して(新たな借金をして)返せばいい」という意味かもしれませんが、それでは「国の借金」が増えても大丈夫だという説明になっていませんし、「だって、日本円なんだから」にもうまくつながらないような気がします。

「日本政府が発行した国債を日銀に引き受けさせて返せばいい」という意味にも取れますが、それは財政法第5条で禁止されています。

要するに、麻生さんは「日本政府は印刷して返すだけ」という謎の説明をしているだけで、具体的なことは何も語っていないのです。

ここは重要なところで、「日本には通貨発行権があるから大丈夫!」などとは言っていないんですが、聞いている人が勝手に脳内補完するように微妙なラインでしゃべってるんですね。

 

麻生さんは、「日本国債は円建てで、ほとんど日本人が買ってます。ですから、日本政府の借金は日本国民が貸してます」と言っているだけで、「だから、国の借金をどんどん増やしてもよい」とも「いざとなったら通貨発行権を行使すればよい」とも何とも言ってないんですよね。

実際のところ、内閣総理大臣だった時も副総理・財務大臣となってからも、麻生さんはずっと変わらず消費税増税を主張し続けています。

おそらく、消費税増税は政治的信念なんだろうと思うのですが、ネトウヨネット右翼)さんなどは「財務省と戦う麻生閣下」みたいな脳内妄想を繰り広げているわけですね(苦笑)

でも、この動画を見たら、「国の借金をどんどん増やしても大丈夫なんだ!」とか「いざとなったら通貨を発行して返済すればいいんだ!」とか「麻生さんは消費税を増税しようとする財務省と戦ってるんだ!」とか、いろいろと誤解しちゃいますよね。

 

国民を騙すのが政治家の仕事なのであれば、まさに100点満点と言えるのですが。

私は、そんな政治が良い政治だとは思わないですけどねぇ・・・。

 

※注:2018年6月29日にAmebaブログにて投稿した記事を転載しています。