UNEMPLOYED ECONOMICS

失業中で暇な人が経済学を学んでいくブログです。

『マンキュー経済学Ⅰ ミクロ編(第3版)』第Ⅰ部読了

『マンキュー経済学Ⅰ ミクロ編(第3版)』(N・グレゴリー・マンキュー著、東洋経済新報社)の第Ⅰ部「イントロダクション」を読み終わったので、内容を軽くまとめておきたいと思います。

第1章については前回まとめたので、今回は第2~3章ですね。

 

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)

 

 

ここで重要なのは、やはり「生産可能性フロンティア(production possibilities frontier)」と「比較優位(comparative advantage)」でしょうか。

生産可能性フロンティアというのは耳慣れない用語ですが、二つの財だけを生産している経済を想定して、どのような組み合わせで財を生産できるかを示したグラフのことです。

片方の財の生産を増やせば、もう片方の財の生産が減ってしまうという「トレードオフ(trade-off)」の関係を表しているわけですが、ここで他者と交易(交換取引)をすると、お互いにより多くの財を手に入れることが出来る場合があるのですね。

すなわち、お互いに比較優位を持つ財の生産に特化することで、全体としてより生産性を高めることが出来るわけです。

 

ここは誤解しやすいところですが、比較優位というのは、どちらの生産者がより高い生産性を持っているかということではありません。

単純に生産性を比べる場合には、「絶対優位(absolute advantage)」という用語を使います。

ですから、二つの財について両方とも絶対優位を持っている場合もあるわけですが、それでもなお、比較優位を持つ財の生産に特化して交易した方が得だという話なんですね。

 

この教科書では、1オンスのジャガイモを作るのに15分、1オンスの牛肉を作るのに60分かかる農夫と、それぞれ10分と20分しかかからない牛飼の例が載っています。

二人とも1日4時間をジャガイモづくり、4時間を牛肉づくりに充てたとすると、農夫は16オンスのジャガイモと4オンスの牛肉、牛飼は24オンスのジャガイモと12オンスの牛肉を作ることが出来るわけですね。

ここで、農夫がジャガイモづくりに専念して、牛飼が2時間をジャガイモづくり、6時間を牛肉づくりに充てたとすると、農夫は32オンスのジャガイモ、牛飼は12オンスのジャガイモと18オンスの牛肉を作ることが出来るようになります。

全体としては、ジャガイモが+4オンス、牛肉が+2オンス生産が増えたわけですね。

あとは、ジャガイモ15オンスと牛肉5オンスを交換すれば、農夫はジャガイモ17オンスと牛肉5オンス、牛飼はジャガイモ27オンスと牛肉13オンスを手に入れることが出来、お互いに得をするということになります。

 

この話のポイントは、ジャガイモづくりと牛肉づくりにおける農夫と牛飼の機会費用の差にあります。

農夫が1オンスのジャガイモを作ることによって、作る機会が失われる牛肉の量は1/4オンスです。

牛飼が1オンスのジャガイモを作ることによって、作る機会が失われる牛肉の量は1/2オンスです。

つまり、牛飼がジャガイモ生産に絶対優位を持っているにもかかわらず、比較優位を持っているのは農夫の方なんですね。

同じように、牛肉についても計算すれば、比較優位を持っているのは牛飼であることがわかります。

ですから、農夫はジャガイモ生産、牛飼は牛肉生産を増やした方が生産性が上がるのです。

 

これを、2国間の貿易に拡大して考えれば、比較優位を持っている財の生産に特化して貿易した方が、お互いの国が栄えるということになります。

世界中の国々が、「自由貿易協定(Free Trade Agreement:FTA)」やら「経済連携協定(Economic Partnership Agreement:EPA)」やら盛んに結んでいるのは、その方が国が発展するからなんですね。

そう考えてみると、現在交渉中の「環太平洋パートナーシップ協定(Trans-Pacific Partnership Agreement:TPP)」に日本が参加すべきかどうかは、おのずと答えが出るのではないかと思います。

 

経済学を勉強していないと、「自由貿易反対!」や「反グローバリズム!」といったトンチンカンな主張になってしまうわけですね。

 

※注:2016年9月30日にAmebaブログにて投稿した記事を転載しています。