UNEMPLOYED ECONOMICS

失業中で暇な人が経済学を学んでいくブログです。

『スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編』読了

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編』(ティモシー・テイラー著、かんき出版)を読み終わったので、内容を軽くまとめておきたいと思います。

 

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 マクロ編

 

 

【目次】

第1章 マクロ経済とGDP―経済全体を見わたす目

第2章 経済成長―生活水準を上げるたった一つの方法

第3章 失業率―なぜ失業者が増えると困るのか

第4章 インフレ―物価高が給料を食いつぶす

第5章 国際収支―アメリカは世界に借金を返せるのか

第6章 総需要と総供給―需要が先か、供給が先か

第7章 インフレ率と失業率―マクロ経済の巨大なトレードオフ

第8章 財政政策と財政赤字―国の財布の中身をのぞき見る

第9章 景気対策―需要がないなら穴を掘らせろ

第10章 財政赤字と貯蓄率―赤字のツケを払うのは誰か

第11章 お金と銀行―貸せば貸すほどお金は増える

第12章 中央銀行と金融政策―誰が世界の経済を動かすのか

第13章 金融政策の実践―武器の使いどころを考える

第14章 自由貿易―なぜ外国からものを買うのか

第15章 保護貿易―貿易をやめると幸せになれる?

第16章 為替相場―通貨高で得をする人、損をする人

第17章 国際金融危機―投資ブームと為替の恐怖

第18章 世界経済をどう見るか―未来を切りひらく視点

 

ミクロ編と同様にとても読みやすくて、あっという間に読み終わりました。

難しい数式やグラフなどは全く出てきませんので、「経済学」というよりは「経済をやさしく解説した読み物」といった感じですね。

 

この本を読むと、ネット上に広がっている「日本の経済低迷は、金融緩和しない日本銀行のせいだ!」とか、「日本の経済低迷は、財政出動しない財務省のせいだ!」とか、「自由貿易反対、反グローバリズム!」などといった主張が、すべて間違っていることがわかります。

短期的には総需要、長期的には総供給が重要であることを知っていれば、金融緩和や財政出動による一時的な需要増加では、根本的な問題の解決にはならないことが理解できるはずです。

また、「比較優位」について知っていれば、自由貿易が勝ち負けではなく、すべての国にとって有益であることが理解できるはずです。

 

ちょっと内容が薄すぎる感じはしましたが、「とても簡単な経済学の入門書」ということでは非常におススメできます。

経済学に興味があるけど、何から始めれば・・・といった感じの人には、ちょうど良い一冊なのではないかと思います。

 

※注:2016年9月27日にAmebaブログにて投稿した記事を転載しています。